こんにちは!『アイクリーム百科』編集部の、ゆうかです。

目の下のくまって、疲れた印象を与える厄介なもの。

毎日メイクで必死に隠している女性も多いかと思います。

もしくまが消えたら毎日のお化粧も楽になるのにな〜…と思わず考えてしまうこともありますよね。

それではアイクリームを使うことによって、くまに何か変化があるのでしょうか。

今日はアイクリームとクマについてご説明させていただきます。

クマはひとつじゃない?あなたはどのタイプ?

「くま」と一言に言っても、実はいくつか種類があるのをご存知ですか?

そして種類によって、原因と適合するアイクリームも異なってきます。

くまの種類は大きく分けて3つあります。

  • 青くま
  • 茶くま
  • 黒くま

それぞれひとつずつ見ていきましょう。

青くま

目尻をこめかみの方へと引っ張ったときに、くまの色が薄くなりますか?

その場合は、青くまです。

青くまの原因は、睡眠不足や血行不良、眼精疲労

これらが原因となり、目の周りの毛細血管の血流が滞って「青くま」となっているのです。

睡眠不足の解消、目のマッサージ、目の周りを温めることが必要です。

茶くま

目尻をこめかみの方へと引っ張っても、くまの色が変わらない場合。

それは茶くまで、色素沈着が原因となっています。

アイメイクや洗顔、目をこすることによる目の周りの刺激が色素沈着を引き起こします。

また目の周りはデリケートなので、紫外線によるダメージが原因のことも。

紫外線対策や美白効果のある化粧品を使うことが必要になってきます。

黒くま

上を向いて薄くなる場合は、黒くまです。

これはお肌のたるみが原因のもの。

目の周りの筋肉が衰えたり、加齢によって肌のハリを保つコラーゲンなどの成分が減少することで引き起こされます。

また顔がむくむと、水分などの老廃物がちょうど目の下にたまり、それが黒くまの原因となることもあります。

それぞれのくまに使いたいアイクリーム

くまの原因が違うと、くまの種類が違います。

そしてもちろん、適合するアイクリームも異なってきます。

今回はタイプ別に最もぴったりなアイクリームをひとつずつご紹介させていただきます。

青くまタイプへのおすすめアイクリーム

毛細血管の血流が滞っていることが原因なので、目の周りの血行を促す成分を含むアイクリームがオススメです。

このタイプにぴったりなのは、フローフシのTHEアイクリーム

「ゆるめる」「あたえる」「とじこめる」という独自の3つのステップからなるアイクリームです。

「ゆるめる」という最初のステップで、目の周り筋とこめかみ筋の緊張をほぐして血行促進することができます。

また「あたえる」では、3つのペプチドやビタミンCなどの美容成分を目の周りの皮膚へ補給。

そして植物オイルとシアバターで潤いを「とじこめる」ことで、フローフシだからこそのアイケアが可能となっています。

当サイト編集部で実際に使ってみた感想はこちらから♪

>> フローフシTHEアイクリームを使ってみた

アイクリームを使用するだけではなく、マッサージやホットアイマスクなど、目をいたわるようなケアも同時進行で行ってください。

また冷たいものを控える、睡眠をしっかり取るなど、身体の内側からもケアをしていきましょう!

茶くまタイプへのおすすめアイクリーム

こちらは美白有効成分が含まれているアイクリームがオススメです。

特にビタミンCは、肌のメラニン色素の合成を抑制し、できてしまったメラニン色素を薄くしてくれる成分。

アイクリームにビタミンC誘導体が含まれているか確認をしてみましょう。

その点を鑑みて、今回オススメするのはメモリッチです。

このメモリッチのアイクリームには、ビタミンC誘導体はもちろんのこと、ビタミンKやビタミンE誘導体なども配合されています。

お肌のリズムをサポートしてくれるビタミンK。

そしてお肌のキメを整えてくれるビタミンE誘導体。

複合的にアイケアにアプローチできるようになっています。

もちろんメモリッチも当サイト編集部で使ってみましたよ!

>> ネットの口コミが気になってメモリッチを使ってみた

そしてアイクリームでのケアに加えて、紫外線によるダメージを少しでも防ぐような対策を行いましょう。

また、無意識に目をゴシゴシとこすっていないかなど、自分の習慣の見直しも行ってみてください。

黒くまタイプへのおすすめアイクリーム

黒くまは肌のたるみが原因なので、肌にハリを与えるようなアイクリームを使用しましょう。

今回おすすめするのは、アテニアのアイエクストラセラム

エイジングで引き起こされる目元まわりのお悩みに合ったアイクリームです。

こちらの濃厚なクリームには、エネリブートGYという独自開発成分が含まれています。

エネリブートGYには「コメ胚芽油」「酵母ペプチド」が含まれ、ふっくらとした弾力のあるイキイキとした目元を演出します。

目元のたるみには継続的なアプローチを行い、黒くまの解消を目指しましょう。

やっぱりこちらのアイクリームも当サイト編集部で試してみました♪

>>アテニアのアイエクストラセラムを使ってみた

また、リフトアップをするようなエクササイズ、マッサージを同時に行っていきましょう。

最初は習慣化するまで大変かもしれませんが、未来の自分の肌のためにがんばりましょう。

複数のくまがある&どのタイプか分からないならビーグレン!

まぶたの上は茶色く色素沈着しているけど黒くまがある…というような複合的なお悩みがある方。

はっきりと、これだ!というくまのタイプが分からない…という方。

だけどアイクリーム選びは絶対に失敗したくないですよね。

そんなときは、目元の悩みに総合的にアプローチできるビーグレンを使ってみましょう!

こちらは当サイト編集部のランキングでも堂々の1位を獲得したアイクリームです。

絶対的にオススメするアイクリームの使用感はこちらからチェック!

>>ビーグレンのトータルリペアアイセラムを使ってみた

まとめ

目の下のくまの種類と、それぞれにオススメのアイクリームをご紹介させていただきました。

くまの種類に合うアイクリームを使用することがいかに大切か分かりましたね。

まずは自分のくまがどの種類になるのか?を把握してみてください。

そして自分のくまに合ったアイクリームでストレートにアプローチして、くまを撃退しましょう!