こんにちは!『アイクリーム百科』編集部の、ゆうかです。

アイメイクをしている時、洗顔をした時、なんだか目の周りが茶色っぽくなっている…?と気になることはありませんか?

寝ても寝ても、目の下のクマが取れないことはありませんか?

実はそれ、色素沈着が原因かもしれません。

もしそうなら、何か対策がしたいですよね!

今回はアイクリームと色素沈着についておはなしさせていただきます。

このクマはもしかして色素沈着?

目の下のくまは、メイクのときに必死に隠さなきゃいけなくて厄介ですよね。

実は一言で「くま」と言っても、いくつかのタイプに分類されます。

だけど自分のくまが一体どんなものなのか、よく分からないものです。

まずは見分け方を、簡単にチェックしてみましょう。

色素沈着によるくまの見分け方

自分の目尻をこめかみの方へと引っ張ったとき、くまはどうなりますか?

くまの色が変わらずそのままの場合は、茶くまと呼ばれるものです。

この画像のような茶くまは、色素沈着が原因のくまになります。

目尻をこめかみの方へと引っ張ったときや、上を向いてくまの色が薄くなったときは、また別の種類のくまです。

これからは色素沈着が原因ではなく、また別の原因が存在します。

それぞれのくまについて詳しくはこちらの記事へどうぞ。

>> アイクリームはくまに効く!?くまの種類で徹底解説!

茶くまの原因

それでは、茶色いクマ(色素沈着)の原因は何でしょうか?

ここでは目の周りの摩擦紫外線ダメージの2点について言及します。

目の周りの摩擦

眠たいときや癖、メイクのクレンジングなどで、目をゴシゴシとこすっていませんか?

目をこするとそれが刺激となって角質が厚くなり、肌が色素沈着を起こします。

アイメイクもまぶたにとっては刺激となり、色素沈着の原因に。

特にお化粧をする女性は目の周りに刺激を受けやすくなるので、茶くまに悩んでいる方が多いかもしれません。

紫外線ダメージ

紫外線を受けると、肌ではメラニン色素が作られます。

目元の皮膚は薄くてデリケートなパーツなので、紫外線ダメージを受けやすいのです。

外へ出ることが多いと、気づかぬうちに紫外線ダメージが目元に溜まっているなんてことも。

紫外線ダメージを受けやすいということは、メラニン色素が発生しやすくなるということ。

発生したメラニン色素が溜まり色素沈着が原因の茶くまとなるのです。

色素沈着にアイクリームは使える?

色素沈着は茶くまだけでなく、まぶたが茶色くなるようなかたちで現れることも。

色素沈着を改善することは、目の周りの印象を改善することに繋がります。

改善に必要なのは、メラニン色素の生成を抑え肌のターンオーバーを促していくことです。

茶くま改善のためにアイクリームを使うのならば、美白有効成分が含まれているものがオススメです。

特にチェックしてほしいのが、ビタミンC誘導体が入っているかどうかというポイント。

ビタミンCよりも身体への吸収率が高いため、美容効果がより期待できます。

このポイントを踏まえて、アイクリーム百科編集部がおすすめするのはこちら!

茶くまへのアイクリームは「メモリッチ」で!

このアイクリームの名前を初めて聞かれた方もいらっしゃるかもしれません。

実はメモリッチは市販されておらず、インターネットの公式サイトでのみ購入可能なアイクリームなのです!

市販されていないのにアイクリームに関するランキングにおいては1位をいくつも取っているのでスゴイですよね!

このメモリッチには美容成分が93.3%も配合されており、その中には浸透型ビタミンC誘導体も含まれています。

豊富な美容成分や保湿成分が、色素沈着をはじめとする様々な目元の悩みにアプローチ。

またアルコールや香料、合成着色料などを不使用で作られており、敏感な目元の皮膚のことをよく考えて作られた品質となっています。

メモリッチについて詳しく知りたい場合は公式ホームページでチェックしてみましょう!

実際に使ってみた、リアルな声も読んでみてくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ダメージを受けやすく、色素沈着が起こりやすいアイゾーン。

だからこそ、アイゾーンのことを考えて作られたアイクリームを使うことが大切になります。

色素沈着が改善されれば、目の印象がだいぶ変わりますし、何より自分の自信に繋がりますよ。

毎日のお肌のお手入れに、ぜひプラスしてみてくださいね!

一緒に美しい目元を目指してがんばりましょう。