こんにちは!『アイクリーム百科』編集部の、ゆうかです。

アイクリームを選ぶにあたって、どの会社から出ているか?を考慮することもありますよね。

自分のお気に入りの会社から出ている商品は、やっぱり気になるもの。

今回は幅広い年齢の女性から支持を得ている資生堂についてご紹介します。

日本を代表する化粧品メーカー資生堂のアイクリーム、一体どんなものがあるのでしょうか。

資生堂のアイクリームはいくつ出ている?

資生堂では年齢やコンセプトに合わせて、幅広くブランドが展開されています。

そのためアイクリームについても、ひとりひとりの女性に合わせるように、多くの商品が用意されています。

資生堂の公式サイト「ワタシプラス」のオンラインショップで目元ケアの商品を調べてみたところ、以下の6種類のクリームが見つかりました。

  • エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム
  • SHISEIDO ホワイトルーセント ブライトニングアイクリーム
  • SHISEIDO ベネフィアンス Wレジスト24インテンシブ アイコンとアイクリーム
  • エリクシール エンリッチド アイクリームCB
  • ローラメルシエ リペアーアイクリーム
  • アクテアハート アイビューティー

その他にも、スキンケアクリームとしてアイクリームの役割を兼ねるもの。

目元のケアもできるナイトクリームやオールインワンクリーム。

そのようなクリームも合わせれば、なんと50種類を優に超える商品が販売されています。

さすが資生堂!と言わざるを得ない数ですね。

だけど50種類以上のものがあると、逆にどのクリームでアイゾーンをケアしていいのか悩んでしまいませんか?

全部を購入してみる訳にもいかないし、実際に使ってみないと自分の目元の肌に合う合わないは分からないし。

資生堂のアイクリーム、迷ったらどれを使ってみたらいいのでしょうか。

迷ったらコレ!エリクシールのリンクルクリーム

ベスト・コスメ・アワード2018年 アイクリーム部門第1位!

2018年上半期 ベストヒット・コスメ・ランキンググランプリ!

数ある栄光を獲得しているアイクリームがこの『エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム』です。

このアイクリームは、しわを改善する薬用有効成分:純粋レチノール配合で、医薬部外品となっています。

みずみずしいクリームがそのまま浸透したかのように、目元も柔らかく潤います。

実はこのアイクリーム、なんと「ワタシプラス」の年代別売り上げランキングでも、20〜50代全てで1位を独占!

目元ケアを始めてみようと考えている方から、目元の悩みを解消したいと考えている方まで、このアイクリームの使い心地は、全世代の女性から支持を受けているようです。

このランキングが気になって私も使ってみましたが、口コミや評判に納得せざるを得ないような使い心地でした。

 

『エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム』は、Sサイズ(15グラム)、Lサイズ(22グラム)の2つの容量が用意されています。

気軽にはじめてみたい方は、まずはお試しでSサイズを使ってみてください。

Sサイズの値段や試用期間について確認は公式ホームページからどうぞ。

 

気合を入れてアイゾーンケアに取り組みたい方、Lサイズはこちらから!

少し気をつけたいポイント

このアイクリームには、純粋レチノールが配合されています。

レチノールが使用された化粧品を使用することで、肌に痒みや刺激を感じるレチノイド反応と呼ばれる症状が出ることも。

初めて使う際は、最初の2週間は2〜3日間隔で夜のみ使用するなど、肌の様子を見ながら使用してくださいね。

ゆっくりと肌に慣らしていくような感覚を持って、アイゾーンのケアを行っていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

資生堂のアイクリームはたくさんありますが、その中でも圧倒的に人気のアイクリームがありました。

資生堂のものがいい!という方は、ぜひこちらを一度お試ししてみてください。

ただレチノール成分が不安という方は、当サイトでは他にもアイクリームをご紹介してるので、よかったら他の記事も読んで見てくださいね。

あなたの目元を美しくするアイクリームに巡り会えますように!