こんにちは!『アイクリーム百科』編集部の、ゆうかです。

年齢を重ねるごとに、肌質が変化するのは自然なこと。

若い頃はオイリー肌だったのに、いつの間にか乾燥肌になっていた…なんてこともあります。

特に目元の皮膚は乾燥しやすく、それを原因としたシワやたるみなど肌の悩みが生じやすい部分。

目元を保湿することで、目元の悩みを防ぐことができたら嬉しいですよね。

今回は、保湿力に優れたアイクリームをご紹介します。

保湿力重視で選ぶなら!おすすめアイクリーム3選

今回ご紹介するのは以下の3つのアイクリームです。

  • ビーグレン トータルリペアアイセラム
  • アテニア アイエクストラセラム
  • アスタリフト アイクリーム<目元用クリーム>

これらは編集部で実際に全て使ってみて、保湿力を実感したアイクリームです。

感想レポートもありますので、気になるアイクリームは読んでみてくださいね!

1.ビーグレン トータルリペアアイセラム

アイクリーム百科編集部で圧倒的な支持を集めるのが、ビーグレンのトータルリペアアイセラム

どの目元の悩みに対してもコレ1本でアプローチできるのが最大の理由です。

このアイクリームは、目元を内側からケアする5つの美容成分を配合しています。

その中でも保湿に関わるのが、様々な種類のセラミド類似化合物を配合したスキンミミックスという成分です。

このスキンミミックスは、乾燥からお肌を守り、潤いのある目元を演出するようサポートしてくれます。

目元の美容液ではありますが、公式サイトでは目元以外にも使用が可能とのこと。

乾燥が気になる部分が複数あれば、ぜひその部分にも使ってみてくださいね!

ビーグレンはお顔の肌全体でのケアも可能なように、基礎化粧品も肌悩みに合わせた商品の取扱があります。

目元だけでなく、この機会に肌全体のスキンケアの見直しをしてみませんか?

公式サイトからラインナップをチェックしてみましょう!

2.アテニア アイエクストラセラム

アテニアと言えばクレンジングオイルが人気ですが、アイクリームも負けてはいません!

アテニアのアイクリームは、複雑でデリケートな目元の皮膚に着目しました。

独自に開発された保湿成分「エネリブートGY」を配合。

うるおいとハリを与える成分で、ふっくらとした目元を演出します。

コクのあるクリームは、目元にすっと馴染み、ベタつかないのが特徴。

翌朝の目元もクリームを塗りたてのように潤っているので、保湿された目元を実感することができますよ。

長く保湿してくれるのに、クリームは決して重くない使い心地。

エイジングケアラインではありますが、乾燥が気になり保湿力重視のアイクリームを考えているのであれば、一度お試ししてみてほしいです!

3.アスタリフト アイクリーム<目元用クリーム>


固めのクリームを使うと、なんだか「塗った!」という感じがして、気分的にも変化がありますよね。

そのような使い心地が好き!という方には、このアスタリフトのアイクリームがおすすめです。

濃密で、深くこってりとしたクリームが、目元を潤いで包みます。

ピンとしたつけ心地で、目元にフィットしている感覚を抱かざるを得ません。

このアイクリーム、朝と夜=1日2回の使用が前提です。

使用回数を正しく守ることで、保湿力を実感することができるでしょう。

使用方法やマッサージについては、公式ホームページからチェックしてみてくださいね!

このアイクリームは、乾燥の気になる眉間や口周りのスキンケアにもお使いいただけますよ。

目元の潤いを高めるためにしたいこと

アイクリームを使うことによって、目元に潤いを与えることはできます。

だけど、根本的に肌の状態を改善することも必要かも…と感じることはありませんか?

そんな時は、メイククレンジングや洗顔の見直しを行ってみましょう。

乾燥が気になる方は、クリームやミルクタイプのクレンジングを。

洗顔やクレンジングの際は、ゴシゴシと洗い落とすようにはせず、優しく洗うように心がけましょう。

また身体全体の水分量が足りないと、お肌の皮膚も潤い不足に。

内側から潤すために、こまめな水分補給を心かげてくださいね。

複数のポイントからアプローチして、身体の内側から潤いのあるみずみずしいお肌を作っていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

実際に使ってみて、保湿力に優れていると感じるアイクリームをご紹介しました。

目元の悩みを解決するには欠かせない「保湿」という項目。

潤いを与えることで、透明感のある生き生きとした目元を目指すことができます。

当サイトでは他にもアイクリームをご紹介していますので、よかったら他のアイクリームの記事も読んでみてくださいね。

目元の悩みを解決できるアイクリームに出会えるよう、願っています。